セルフでインナーカラー!失敗して分かった染め方のコツ

セルフでインナーカラー失敗&成功

自分でインナーカラー!やり方をご紹介

インナーカラーとは、髪の内側にだけヘアカラーを入れる髪型のことです。

髪を好きな色に染めたいけど、派手すぎるのはちょっと…というときはインナーカラーがおすすめ!

美容院でやってもらえば簡単ですが、ケチ節約家の方々は自分でやりたいですよね。

セルフではちょっと難しいかなと思っていたのですが、やってみたら案外うまくいったので、私の失敗例も含めてご紹介します。

ブロッキングする

まずは髪の毛の上半分を取り分けます。

セルフでインナーカラーブロッキング

セルフでインナーカラーブロッキング

毎度のことですが、かなりテキトー。 

セルフツーブロックをしたときもこれで問題なかったから大丈夫!

ブリーチする

ドラッグストアで買った普通のブリーチ剤でブリーチします。

30分放置で洗い流してこんな感じ。

セルフでインナーカラー

思ったより明るくはならなかったけど、ブリーチした部分だけ髪の毛がギッシギシになりました。

カラーバターで染める→失敗

使用したのはベイビーピンクのカラーバター。

使用方法にきっちり従って、シャンプー後の濡れた髪に塗り、頭にラップを巻いて20分置いてから洗い流しました。

セルフでインナーカラー失敗

セルフでインナーカラー失敗

どこがベイビーピンク??

カラーバターはトリートメントの一種なので、髪のギッシギシ感はなくなり、手触りがとても良くなりました。が!色は全然思ってたのと違う!

セルフでインナーカラーブリーチ後

セルフでインナーカラー

チラッと見えるインナーカラーの配置というか場所は満足です。

1週間後に再チャレンジ!まずはブリーチ

発色が悪かったのはブリーチ不足だと考え、1週間後に再チャレンジしてみました。

前回と同じブリーチ剤でまた30分間の脱色。

セルフでインナーカラー

これだけ抜けば大丈夫でしょ。
もちろん髪はキッシキシです。

乾いた髪にカラーバター

ググってみたところ、カラーバターは乾いた髪に塗るほうが染まりやすいという情報を得ました。ただし、色むらが出やすくなるそうです。

内側だけのインナーカラーだから多少の色むらは気にならないだろうと思い、髪の毛をしっかり乾かしてからカラーバターを塗りたくりました。

もう一つ、素手で塗ってよく揉みこむと良いという情報もあったので、試してみたのですが、これはあまりオススメしません。手がガッツリ染まります。

カラーバター手につく

ハンドソープで何度も何度も洗っても全然落ちません。

お湯とシャンプーでなんとか落ちましたが、爪だけは翌日もピンクでした。

もう失敗したくないので、カラーバターを塗ったあとの放置時間も伸ばしました。

2時間放置して洗い流してみると…

セルフでインナーカラー

セルフでインナーカラー

ピンクになったー!

多少ムラはあるけど、ほとんど隠れるので問題なし!

ちなみに、今回使った色はフラッシュピンクです。

チラ見え具合もいい感じ。

インナーカラーピンク

カラー後3日目、色落ちの様子

カラーバターはシャンプーする度に色が落ちていきます。

シャンプーしているときに泡がピンクになったりはしないのですが、毎朝、鏡を見ると髪の色が変わってます。

カラー後3日目の様子はこちら。

インナーカラーピンク

インナーカラーピンク色落ち

これくらいの色でキープできたらいいんだけどなぁ。

カラーバターを使ったインナーカラーの入れ方まとめ

〇ブロッキングは適当でもOK

〇ブリーチはしっかりとことん

〇カラーバターは乾いた髪に塗り、放置時間を長めに

これでバッチリです!

カラーバターは色の種類によって色落ちまでの時間が違うと聞いたので、これから色々試して比較してみたいと思ってます。

**商品紹介**
追記:カラーの色落ち比較してみました!
こちらの記事もおすすめ